お野菜たっぷり!減塩!を心がけたおうちごはん♪

Smile☆手作りおうちごはん

その他料理(調味料、シロップ…他)

夏と自家製ぬか漬け

更新日:

IMG_6676
ぬかを少しもらったので、今年の夏はぬか漬けを作ってみました。昆布や唐辛子なんかを入れて作った自家製ぬか床のぬか漬けです。

自家製ぬか漬け…

何年か前にもぬか床を作ったのですが、その時はまだ勤めていたのでなかなかぬか漬けに目を配ることができず…手でかきまわさなくてもいい、というぬかケースのようなものをはりきって購入したのですが、結局のところ続かず、途中で断念してしまいました。

ということで、今回はあまり深く考えないように気軽に楽しく作ることにしました(^^)!
容器もなかなか気に入ったものが見つからず、保存袋に入れて漬け、袋を2重にして保管しています。これで漏れる心配もなし。保存袋で少ない分量で漬けているので持ち運びも簡単だし気に入っています。気に入った入れ物が見つかったら移そうかなぁと思っているのですが、なかなか便利なのでしばらくはこの状態が続きそう。

味はまずまずなのかなぁ。美味しいく食べています。最近、ぬかが水っぽくなってきたのでぬかと塩を足しました。

夏というと…

夏といえば何ですか?

うちでは旅行というような旅行はありませんでしが、毎年恒例、茨城の田舎に行っていました。
小さい頃、母に「なんでうちは旅行にいかないの?」って聞いたところ、「毎年行ってるじゃない!田舎が旅行なのよ!」と言われた時はちょっと衝撃でした(・・;えーそうきたか?!)。
小さい頃は気付きませんでしたが、今覚えば確かに、田舎は自然も多し、観光名所や温泉、名物なんかも多いので、そうとも言うのか(^^;)とちょっと納得です。
自然に囲まれたところなので、川でおたまじゃくしをすくったり、カニを捕まえたり、トンボをおいかけてみたり、じいちゃんとばあちゃなんと甲子園(今年の甲子園も熱い!)をみてみたり、はたまた扇風機を前に畳に大の字に仰向けになって暑いとうだってみたり、夜になると蛍を見たり…そんな記憶が残っています。

そして、夏のイベントといえば花火。
小さい頃は毎年、田舎のお盆の花火大会&灯篭流しが楽しみでした。川で灯篭流しが行われる中、川沿いを歩きながらゆったりと見る花火はそれはそれは最高でした。山や川に囲まれてゆったり見る花火大会は、どこでも当たり前の光景だと私の中で勝手にイメージしていたのですが、当たり前に見れる風景ではないのだなぁと気付いたのはけっこう大人になってからでした。今はなかなか日程が合わないので行けないのが残念です。

田舎の景色…

小さい頃から見ている稲穂。この時期は稲穂がとってもきれい。今でもはっきり目に浮かんできます。
DSC_0162 - コピー

蝉がミンミンなっていてのどか。そして暑い…夜の8時ですでに深夜のように静かです。
DSC_0159 - コピー
DSC_0160 - コピー

banner
人気ブログランキングへ

-その他料理(調味料、シロップ…他)

Copyright© Smile☆手作りおうちごはん , 2017 All Rights Reserved.