お野菜たっぷり!減塩!を心がけたおうちごはん♪

Smile☆手作りおうちごはん

おうちごはん 煮込みシチュー、グラタン、鍋もの 牛肉

じっくり煮込んでお肉柔らか手作りビーフシチュー♪

更新日:

IMG_9359
最近寒くなってきたので、食べたくなるのが煮込みもの。自家製ソースを作ってビーフシチュー(^^)♪じっくり煮込んでお肉を柔らかに。生野菜のサラダに添えて。野菜もたっぷりと~♪
お肉が柔らかくなるポイント、失敗談についてまとめてみました。

時間をかけてお肉を煮込んでいるので、まとめて沢山作っておくと数日は料理もちょっと楽ちん。沢山作ったので、数日に分けて(^^)♪先週末のご飯風景。

献立(夕食):

手作りビーフシチュー
小松菜レタスとリンゴのヨーグルトサラダ
手作りプチパン

お肉を柔らかくするポイント…

ポイント1
肉は大きくカットしたものや塊を。
*小さくカットしたい場合は、お肉を柔らかくした後にカット。
ポイント2
お肉に塩、コショウを少々ふってすりこんで表面を焼く。
*フライパンに油を入れて強めの火で両面を焼く。焼いて肉のうまみをこじこめる。
ポイント3
2時間~3時間ほど肉が柔らかくなるまで根気強く煮る。
*圧力鍋があれば、煮込む時間は短縮できるのかな。うちには圧力鍋はないので普通のお鍋です。

IMG_9366

市販品のソースを使う場合、使わない場合…

使う場合は、お肉をじっくり煮込んで柔らかくしたら、市販のルーやデミグラスソースを使えば簡単仕上がり。

使わない場合は、ブラウンソースを作って手作り味の仕上がりに。
・ ブラウンソース(バター、オリーブ油、小麦粉を炒めたもの)を入れると、ぐんっとビーフシチューらしくなってきます。
・ 薄切り玉ねぎを炒めたもの、たっぷりめの赤ワイン、ホールトマトとお肉を一緒に煮込むと、うま味が増して味に深みがでます。
・ 味の濃さなんかも調整できるので◎

IMG_9358

ヨーグルトと味噌の手作りドレッシング…

最近、はまっているのがヨーグルトと味噌を合わせた手作りドレッシング!発酵食品同士なので、組み合わせてみるとチーズのような味に♪レタス、生の小松菜、リンゴや柿なんかのフルーツなんかと合わせて食べると美味しい(^^)

IMG_9361

献立(昼食):

手作りビーフシチュー
キャベツ、セロリ、にんじんのコルスロー
手づりプチパン

IMG_9368

失敗談…

ビーフシチューはクマが好きなメニューの一つだけど、うちではほぼなじみのないメニュー。
なので、私が初めて作った時は、お肉が固くて食べずらい、じゃがいもやにんじんの具が柔らかくなりすぎて…なんてことも。。
失敗を恐れていては何も出来ぬ、とまだまだ研究中のビーフシチュー。

わかってきたことは…
お肉は、大きな塊やカットで煮ること、じっくり根気強く柔らかくなるまで煮ること、表面を焼くこと。煮込む野菜は、炒めて最後に煮込むこと、かな。

IMG_9387

2日目が美味しい!…

1日目は、うま味がまだお肉にしみわたっていないのかあっさりめの感じ。
2日目になると、うま味がお肉に移り、味も全体的に馴染んで、とってもコクのある手作りビーフシチューに!

IMG_9372

コールスロー…

洋風のおかずを作ると定番になってきているコールスロー。
キャベツとにんじんは必須かな。今回は、玉ねぎの代わりにセロリを入れて。
味付けは、酢、マヨネーズ、塩、塩コショウ。

IMG_9380

手作りプチパン…

材料は、強力粉、塩、砂糖、オリーブ油、ドライイースト。
今回はバターの代わりにオリーブ油で。
オリーブ油だとシンプルな味に。バターだとほんわりバターが香る味に。

IMG_9382

Japanese Green Tea~♪緑茶が好きです。なんでも合う飲み物、緑茶^^♪

IMG_9383

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
banner
人気ブログランキングへ

-おうちごはん, 煮込みシチュー、グラタン、鍋もの, 牛肉

Copyright© Smile☆手作りおうちごはん , 2017 All Rights Reserved.