お野菜たっぷり!減塩!を心がけたおうちごはん♪

Smile☆手作りおうちごはん

いちご

煮沸した瓶と蓋でいちごジャムを保存する

投稿日:

IMG_5162
ジャムを長く保存したい場合は、瓶、蓋などを煮沸してジャムを保存します。

3通りのジャムの保存方法

瓶を煮沸する

瓶と蓋を洗って鍋に入れ、水を入れ沸かし、沸騰したら10分ほど煮沸します。トング等で瓶、蓋を取り出し自然乾燥させます。その瓶の中に、出来たての熱いジャムを入れて蓋をします。
この時点で、うまく雑菌できていれば、半年から1年くらいは保存できます。

瓶を煮沸し、さらにジャムを詰めた瓶を煮沸を煮る

煮沸した瓶に、出来たての熱いジャム詰めて軽く蓋をし、半分くらい湯をはったところにジャム瓶をいれて10分くらい煮る。熱いので気をつけて取りだし、蓋をしめなおし、瓶をさかさまにしてしめなおす。
保存瓶に入っている空気を減らして保存性を高める方法です。この方法も半年~1年くらいは保存できます。
念入り煮沸する場合は、この段階までしたほうがいいかもしれません。

アルコール消毒する

すぐ食べてしまうのであれば、タッパーや瓶、蓋をシュッシュッとアルコール消毒(ホワイトリカー等)してキッチンペーパーで拭き取って、そこにジャムを入れて保存します。

IMG_5176

常温か?冷蔵か?

瓶に詰めたジャンは、うまく雑菌できていれば、砂糖の割合にもよると思いますが常温でも保存可能です。
心配な方は、冷蔵保存のほうが無難かもしれません。

あとは、瓶ごと冷凍保存です。冷蔵庫でゆっくり解凍すれば大丈夫。解凍後、開封後は、再冷凍はできませんが、これなら長く楽しめます。

IMG_5177

IMG_5178

いつまで食べられる?

瓶をうまく雑菌ができなかったら傷むのも早いだろし、糖分が少なかったら保存性も低くなってきます。心配であるなら、きれいなスプーンで取り分け、冷蔵庫で保存し、早いうちに食べてしまうことです。糖度を8割と高くして、瓶の雑菌もうまくいっていれば、長くもちます。

IMG_5196

IMG_5198

週末の朝食風景

残り野菜と卵の蒸し焼き、キウイフルーツ、グレープフルーツ、コーヒー

IMG_5357

パンにのせて食べました!

IMG_5370

天然酵母の全粒粉入りパン

最近は、ホシノ酵母で作った天然酵母のパンにはまっています。

IMG_5345

全粒粉入りです。ちょっと癖のある味になりますが、サンドイッチやジャムなんかとは相性がいいので◎です。

IMG_5347

おまけ

うちのシクラメンは春爛漫といった感じで、春は咲くピーンをむかえていました。下の方にまだまだつぼみが沢山あったので、咲かせるために傷み始めたシクラメンをつみました。

IMG_5009

とってもきれいに咲いていたので、摘み取ったものも捨ててしまうのもなぁと思い花瓶に挿したらとっても素敵でした!しかも、けっこうもちます。簡単アレンジでいいです。

IMG_5011

◎この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
小粒の苺を使って苺ジャムを作りました

-いちご

Copyright© Smile☆手作りおうちごはん , 2017 AllRights Reserved.