お野菜たっぷり!減塩!を心がけたおうちごはん♪

Smile☆手作りおうちごはん

生活手帖

パーシャル機能でオドロキ!Cooking

更新日:

P1100743
今回はパナソニック冷蔵庫の“パーシャル機能”をフル活用したお料理を昼食にいただきました。今回、小林まさみ先生、アシスタントの小林まさるさんからパーシャル機能のオドロキ!ポイントや活用方法について聞いてきました。
*オレンジページ&パナソニック主催の「オドロキ!かしこい家電活用講座」に参加してきたので、家電活用のポイントについてまとめています。

パーシャル機能って?

パーシャル機能とは、パーシャルフリージング室のことで-3℃の微凍結になっています。
肉、魚を鮮度良く長持ちすることができたり、作り置きをしておいたり…等々することができます。

パーシャル機能を活用させたオドロキ!Cooking

肉や魚、果物、作り置き…と色々なパーシャル機能のオドロキ!ポイントを小林まさみ先生、まさるさんから教えていただきました!

お肉

P1100752
こちらは鶏肉。冷凍庫で凍らせた鶏肉(左)と、パーシャルで微凍結の鶏肉(右)。

P1100759
冷凍庫のものはカチカチで切れなかったのですが、パーシャルのものは、ちょうどよい具合で切れるようです。

いつも明るく楽しいまさみ先生と、まさるさん。解説中のお話も楽しいです。
まさみ先生が、「このように、パーシャル室のお肉はお年寄り(まさるさんがカット中)でも楽に切ることができます。」とお話しされていました。おーなるほど!

P1100760
きれいに切れる様子。あまり崩れている感じもありません。

P1100761
普通の鶏肉だと柔らかくて切りづらいのですが、パーシャル室だとちょうどよい硬さなので、鶏肉のみじん切りもこんな風にできるそうです。これはいい!
生ハム、ベーコンなんかも色よく保てるようです。

作り置きのトマトソース、肉みそ、ミートソース…

P1100762 P1100767
作り置きのトマトソースです。
左は冷凍庫のもの。カチカチですくえません。右はパーシャル室のもの。ちょうどよい硬さすぐ使えます。使いたいときに使いたい分だけすぐ使えるのでよいそうです。
一人暮らし用離乳食用、なんかは多めに作って作り置きしておくとちょっとずつ使えて長持ちするのでよいそうです

生の玉ねぎ

P1100774 P1100777
パーシャル室に入れておいた玉ねぎを切ると目に染みないそうです。これはオドロキ!でした。カチカチできれないことはないので、細かくみじん切りにできて、目にも染みないので便利だそうです。

ジュレソース

P1100781 P1100782
酢、淡口しょう油、みりん、砂糖、粉寒天を溶かして、パーシャル室に冷やしておいたバットに入れるとジュレになります。

P1100784 P1100788
混ぜているうちに、だんだんとトロトロしてジュレになってきました。これをカルパッチョなんかにかけて食べると美味しいそうです。ドレッシングや和えものにも使えそうですね。

お魚/お刺身の柵、生魚

P1100792 P1100794
お刺身の柵をパーシャル室にいれておくと、鮮度も長持ちで、切る時もちょうどよい硬さで切りやすいそうです。お刺身を美味しく解凍するのは難しかったりするので、この機能はいいですね。
生魚は、身が崩れにくく切りやすいそうです。三枚下ろしやイカの皮むきなんかはしやすいそうです。

果物

P1100819
グレープフルーツです。左は冷凍庫でカチカチのもの。右はパーシャルのもでちょうどよい硬さです。
糖度が高いフルーツは固まりにくいようですが、グレープフルーツ、キウイフルーツはちょうどよい硬さになるそうです。夏に向けて夏のおやつやデザートによさそうです。

パーシャル機能を使ったランチメニュー

参加者の方と調理実習して作りました。
パーシャルを体験してみよう!ということで、サーモンを切りました。ちょうどよい切り具合で切りやすかったです。
メニュー:
サーモンアボカド丼、揚げなすのひじきみそ、いちぢくの生ハムのせ、グレープフルーツのシャーベット

P1100824

P1100837

次は、パナソニックの冷蔵庫はここがオドロキ!のポイントをまとめていきます。

◎この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
オドロキ!家電セミナーに参加/オレンジーページ&パナソニック主催
パナソニックの冷蔵庫はここがオドロキ!

-生活手帖

Copyright© Smile☆手作りおうちごはん , 2017 All Rights Reserved.